家庭生活と物件購入のタイミング

>

子供の独立後に物件購入

子供の結婚

子供が独立し、家を出て行くことをきっかけに、住まいを新しくする家庭が多くいらっしゃいます。
物件の購入と、生活の変化というのは切っても切れない関係にあることがわかると思います。

子供が独立したあとに物件を新たに購入しようと考えるのには、いくつかの理由があります。
一つは、これまで必要だった子供部屋が必要ではなくなってしまい、夫婦二人で住むには必要以上に家が広くなってしまい、逆に不便になってしまう、ということです。
部屋を使っていないからと言って、掃除をしなくていいというわけではありませんから。
子供の独立というと、子供が結婚し、自分の家庭を築くことです。
子供家族が帰省してくることはあるとは思いますが、いつも一緒にいるわけではないので、これまでの広さの家は必要ではなくなってしまうのです。

歳を重ねるということ

また、子供が独立するということは、親世代も当然歳を重ねているわけです。
そろそろ定年を迎える、という夫婦もいらっしゃると思います。

歳を重ねるということは、これからの老後をどう過ごすかを考えるようになっていきます。
今までは平気だった家の階段も大変になることもありますし、バリアフリー化を考えるようになるかもしれません。
家のリフォームを考える方もいらっしゃいますが、これまでの一戸建ではなく、マンションを購入しようと考える方が多いようです。
中古マンションをイノベーションする方や、もともとバリアフリー化してあるマンションを購入する方もいらっしゃいます。
これまで、仕事の関係で都市部近くに住んでいた方も、定年後は郊外でゆっくり過ごそうと考えて、物件購入する方もいらっしゃいます。


この記事をシェアする