家庭生活と物件購入のタイミング

>

人生で一番高い買い物をするタイミングとは

出産と不動産購入を同時期にするメリット

出産を契機にマイホーム購入することに関して、まずはメリットについて伝えていきます。

まず、これから産まれてくる、もしくは産まれた子供を一つの場所で落ち着いて成長させることができます。
出産を機に不動産購入される方の多くは、子育てがしやすい環境を選んで購入される方が多く、例えば保育園に預けやすいか、近くに遊びやすい公園があるか、治安は悪くないか、などを考慮した上で選ばれる方が多いのも特徴の一つと言えます。
また、賃貸マンションなどでは、小さな子供がいるとどうしても周りに気をつかって生活することになりますが、一軒家では子供がいることで発生する騒音を周りに気にせずに子育てがしやすい、というのもメリットの一つになり得ます。

出産と不動産購入を同時期にするデメリット

では、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、一番に上げられるのは金銭面です。
例えば、共働きで働いている夫婦だとします。
その場合、出産前後はどうしても奥さんは働けなくなります。
現在は、育休を整備している会社が増えてきているので、その点の不安は減ってきてはいますが、いざ社会復帰をしようとしても子供を預けるのも簡単ではありません。
それも地域差があるため、子供を預けやすい地域を選べば解消しやすいのは確かですが、それも実際に探し始めてからでないとわからないのが現実なのです。
また、物件購入と同様、出産にもお金がかかります。
資金が潤沢にあるのでればいいのですが、多少無理して物件を購入に踏み切るのではあれば、自分が思い描いている家とは違う形になってしまう可能性もあります。


この記事をシェアする